普通自動車運転免許について

普通自動車免許を取得していればできる仕事もある

ドライバーの仕事は、目的地まで乗客を運んだり、相手先まで荷物を届けたりといったことが主な業務となっています。ドライバーとして働いている人はみんな運転技術が高いという事もあって、憧れを抱いている人も中には居るのではないでしょうか。

しかしながらドライバーとして働くためには何か特殊な免許が必要なのではという気持ちから、就職することをあきらめてしまう人も居ます。しかしドライバーといっても様々な種類のものがあります。

確かに大きな荷物を運べるような大型トラックを運転するためには大型免許という特殊な免許が必要となりますが、普通自動車免許を取得していれば誰でもなれるようなドライバーもたくさんあります。

普通免許であれば車を持っている人はほぼ所有しているので、だれでもドライバーになれるチャンスはあるという事です。

普通免許でできるドライバーの仕事

普通免許で就職できるドライバーの種類にはいろいろなものがあります。

その1例がルート配送ドライバーという仕事です。これはあらかじめ定められている学校や会社、病院や工場などに必要な物資や食料を配送したり、相手先で荷物を集めて別の場所に届けるという仕事になっていて、毎日決まったルートを運転するというのが大きな特徴になっています。

ルート配送で使用される車というのはバンや小型のトラックなどが多く、普通免許を取得していれば運転できるサイズのものがほとんどです。

ルート配送ドライバーは安定した収入を得られることから、給料もそれなりに高額であり、さらに人手不足から30代40代の人でも転職が可能なので、普通免許を持っている人は検討する価値が大いにあります。

ドライバーの募集には、バスやタクシーの運転手などがあり、ほとんどの時間を車内で過ごすので、車が好きな人にとって魅力的な職業です。