トラックドライバーとして働くメリットとは?

一人で黙々仕事ができる

トラックドライバーは基本的に一人で運転をするため、人に気を遣う場面が少ないことが特徴です。

運転する時間は長時間になるため、運転が苦手な人や大勢でにぎやかな雰囲気が好きな人には不向きですが、先輩や後輩との付き合いもほとんどなく、職場での人間関係が煩わしいと感じる人に向いています。

また、長時間の運転は慣れるまではハードですが、サービスエリアなどで自由に休憩をはさむこともできるため、慣れれば自分のペースで仕事を行うことが可能です。

夜間の運転は眠気を誘う危険性もありますが、ドライバーはラジオや音楽を聴きながら運転するなど、様々な工夫をしながら睡魔を紛らわしており、もちろん途中で仮眠をとることもできます。

運転がメインのため仕事に慣れるまでが早い

トラックドライバーの仕事は運転がメインとなります。道を覚えたりトラックの種類の違いなど覚えないといけないことはありますが、多くの場合一年程度でドライバーとして一人前の仕事を行うことが可能です。

他の技術職の場合、技術を習得するために数年間の見習い期間を設けている職業もありますが、ドライバーの場合はトラックの運転にさえ慣れればすぐに即戦力として働けます。

道を覚えることが苦手な人も、場所によってはトラック用のカーナビを導入している企業もあるため、心配な人は事前に確認をしてみることも方法の一つです。

このようにトラックドライバーには様々な特徴があるので、自分に向いているかどうかを検討してから求人に応募するといいでしょう。