中型自動車運転免許について

中型自動車運転免許とは

中型自動車運転免許とは、車両総重量7.5t以上11t未満、最大積載量4.5t以上6.5t未満で、乗車定員11人以上29人未満の車を運転できる免許のことです。

平成19年の道路交通法改正により新設された区分で、従来は大型自動車運転免許を取得していなければ運転できなかった、小型・中型のトラックの運転をすることができるようになりました。

普通自動車第一種免許を取得していて、免許証に「中型車(8t)に限る」という記載がある人もいるかもしれません。これは、道路交通法の改正前に取得した普通自動車第一種免許は、改正によって準中型自動車運転免許となったからです。車両総重量8t未満の中型車であれば、この免許で運転することができます。しかし、8t以上11t未満の車を運転する場合は、教習所で限定解除の講習・検定を受ける必要があります。

中型自動車運転免許があるとできる仕事

中型自動車免許を取得していないと、就業できない仕事があります。

まず、4tトラックの運転手です。中型8t限定免許では、車両総重量が8tを超える4tトラックは運転することができません。中距離・長距離のトラックは4t以上がほとんどのため、トラック運転手として働くには、中型自動車運転免許は必須です。

また、消防士やごみ収集者になるにも、中型自動車運転免許が必要です。それは、消防車やごみ収集車を運転するのにこの免許が必要だからです。運転することが主な仕事ではなくても免許が必要な場合があります。

中型自動車第二種免許を取得していれば、マイクロバスの運転手として働くことができます。第二種免許とは、旅客運送のために運転する場合に必要な免許です。幼稚園や小学校、大型ショッピングセンター、結婚式場など、マイクロバスによる送迎を必要とする企業は多くあります。免許取得により、できる仕事がたくさんあるのです。

緊急事態宣言によって外出を自粛する人が多く、インターネット通販を利用する人が増加傾向にあります。そのため配送・配達ドライバーは運転業の求人の中で注目を浴びています