トラックドライバーとして働くデメリットとは?

社会人としてのスキルがあまり上がらない

トラックドライバーとして働くデメリットは、まず社会人としてのスキルがあまり上がらない点です。通常一つの会社に長く在籍すると、色々な仕事を経験するものです。

例えば若い時は製造の現場に入って、その内営業やマーケティングなどの仕事が中心になったりします。仕事内容は大きく変わりますが、色々な経験をする中で多くのスキルを身に付けていきます。スキルが身に付けば昇進や昇給が見込めますし、場合によっては他社に引き抜かれて活躍することも可能です。

ただ、トラックドライバーは毎日やることがほとんど変わりません。トラックを運転して、フォークリフトを使って荷物を移動させるだけです。このような単純な仕事内容だから良いという方も多いですが、色々な経験はできないです。

健康を害する可能性が高い

長距離のトラックドライバーは、車内で仮眠をすることが多いです。時間を決めて仮眠をしたり、どうしても眠気が強くて危険だと判断した場合は休む必要があります。

当然、夜に寝て朝に動き出すという規則正しい生活はほぼ不可能になります。生活が不規則になると疲労の回復が遅れたり、食事時間もバラバラになりがちです。

体へのダメージが蓄積すれば、血管が切れたり詰まったりして命を脅かされます。長時間同じ状態でアクセルを踏み続けるとエコノミークラス症候群の危険性も高まるので、注意が必要です。

また、腰を痛める方も非常に多いです。ずっと座っている状態なので、どうしても腰に負担がかかってしまいます。慢性的に痛みがあると、仕事の継続が難しくなります。

運転が好きな方に運転手の募集です!経験がなくても、すぐに始められるお仕事です。マイペースに楽しく働きたい方におすすめです。