トラックドライバーの仕事内容とは?

トラックドライバーの仕事内容

トラックドライバーの仕事は、荷物を指定された場所に運ぶことです。荷物を運ぶだけでなく、大量の荷物の積み込みや積み下ろしをすることもあります。そのため、トラックドライバーは体力がある人に向いている仕事といえます。

宅配ドライバーの場合、直接お客様とやり取りする機会があるので、簡単な接客が必要になる場合があります。荷物は納品時間を設定されていることが多く、時間厳守でお客様の元へ荷物を運ぶことを求められます。荷物を届けるまでの時間管理も重要な仕事です。

また、トラックの種類によって働き方が大きく異なるという特徴があります。短距離トラックドライバーは毎日家に帰れますが、長距離トラックの場合は数日家に帰れないことも少なくありません。

トラックの種類について

トラックの種類は、小型トラック、中型トラック、大型トラックに分けることができます。

小型トラックは特定の場所へのルート配送や宅配業務に使われています。普通自動車免許だけで運転が可能なトラックなので、未経験者におすすめです。また、特定の地域に密着して仕事をすることが多く、人との関わり合いがある点が特徴です。

中型トラックは、短距離から中距離配送をするトラックです。基本的に日帰りができる距離での仕事がメインとなっています。

大型トラックは、中距離から長距離配送をするトラックで、全国各地様々な場所へ荷物を運ぶ仕事です。トラックの中で睡眠を取りながら長時間の運転が必要になるので、体力的に辛いと感じる人もいます。